クランベリーは尿路感染症予防に効果的?プロアントシアニジン豊富

小さな赤い実のクランベリー

小さな実ですけれど豊富な栄養素で健康と美容に良いと人気のドライフルーツです。

強い抗酸化作用があるので万能薬として昔から活用されていました。

クランベリーには強力な抗酸化作用を持つポリフェノールの一種【プロアントシアニジン】が豊富で、他にも食物繊維、ビタミンE、キナ酸など多様な栄養素も含まれています。

プロアントシアニジンは強い抗酸化力で身体中の健康を守ってくれます。

プロアントシアニジン

・むくみ解消

・尿路感染症改善

・歯周病予防

・美肌効果

・生活習慣病予防

[むくみを解消する効果]

むくみに悩みを持っている女性は多いと思います。

腎臓機能維持によるむくみ解消する効果が期待されています。

クランベリーが含んでいるプロアントシアニジンは、抗酸化作用によって悪玉(LDL)コレステロールの生成を抑制し、血液循環が良くなり、余分な水分や老廃物を体内から排出する効果が期待できます。

あわせて簡単なストレッチも行うと良いでしょう。

[尿路感染症を改善する効果]

膀胱炎を患った方も多いと思います。

疲れや風邪などで免疫力が低下していると感染しやすくなるようです。

クランベリーに含まれるプロアントシアニジンが持つ抗酸化力によって、大腸菌などの感染菌が尿管の上皮に付着するのを防止してくれます。

そしてプロアントシアニジンとキナ酸の相乗効果によって、尿路の健康維持に効果を発揮します。

[歯周病を予防する効果]

クランベリーは歯の健康にも力を発揮してくれそうです。

クランベリーを摂ることは、歯周病を予防する効果があるといわれています。クランベリーに含まれているプロアントシアニジンの抗酸化力は、口内でも発揮されます。

歯を失う原因にもなる歯周病は定期的なメンテナンスも必要です。

[美肌効果]

抗酸化作用のあるクランベリーは美容にも強い味方です。

過剰に発生した活性酸素は、シミやたるみなどの大きな原因となります。

クランベリーに含まれる抗酸化作用は活性酸素を除去することで肌の細胞を健康に保ち、美肌に対して効果が期待されます。

トラブルのない美肌は、身体の内外からのアプローチが大切です。

[生活習慣病を予防する効果]

クランベリーはコレステロール値を改善する働きがあります。

クランベリーに含まれるプロアントシアニジンやアントシアニンは、抗酸化作用が高く、血管内で動脈硬化などの原因となる、悪玉(LDL)コレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。

抗酸化作用のある食べ物を摂取することにより、生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

参考 わかさの秘密

https://himitsu.wakasa.jp/contents/cranberry/

【食物繊維】

食物繊維は健康効果が高い栄養素として研究され続けています。

食物繊維は、腸内フローラを形成する菌のうち、体によい働きをする「善玉菌」のエサとなって増殖を助けます。腸内環境の改善は、全身の免疫機能のアップする効果が期待できます。

腸活を実践し、全身の健康を手に入れます。

参考 大塚製薬栄養素カレッジ

https://www.otsuka.co.jp/college/nutrients/fiber.html

【ビタミンE】

身体の酸化を防ぐ抗酸化作用があります。

ビタミンEは血流を改善する効果が期待できます。

肩こりや腰痛、冷え性の予防の症状を改善します。

スマホの使いすぎが肩こりや腰痛の原因になる事があります。

軽いストレッチなどもおすすめです。

わかさの秘密

https://himitsu.wakasa.jp/

綺麗で若々しく健康な生活をサポートしてくれるクランベリーを、毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

甘酸っぱさが美味しいクランベリーはヨーグルトやグラノーラに入れたり、ティータイムのおやつなど他にもいろいろな食べ方を楽しめます。

小さな実には多くの栄養素があり、健康や美容の効果効能も様々ありました。

毎日の食生活に是非取り入れたい食材です。

一日の摂取量を参考に食べすぎには気をつけてください。

1日の摂取量は約30gです。

参考 Eatreat

https://eat-treat.jp/user-foods/1296

クランベリーの栄養成分数値は日本食品栄養成分表2020年版(八訂)、製造者、ドライフルーツ各協会などが公開しているデータなどから公開しています。