【2022/8/03更新】ナッツの王道アーモンドナッツ

アーモンドの起源

アーモンドの起源は非常に古く、4000年以前の地中海沿岸地方のヨルダンが原産と考えられています。

アーモンドが日本に渡来したのは江戸時代に南蛮船でポルトガル人が持ち込んだのが最初と言われています。

アーモンドの生産は、世界の約7割をアメリカ合衆国カリフォルニア州が占め、日本やアジアの消費国へ輸出されます。


世界のナッツのうち最も大量に消費されているのがアーモンドです。

ダイエット効果

1.『ダイエット効果

アーモンドは高タンパク質、低糖質。
脂肪や糖の吸収を抑制する働きが期待できるオレイン酸を豊富に含んでおり、ビタミンやミネラルなどの栄養素も含まれています。

身体に必要な栄養素、筋肉に必要なタンパク質をしっかり摂取し、脂肪や糖を抑制するのでダイエットに役立つと人気です。

血行促進

2.『血行促進』

ビタミンEの含有量が豊富。
ビタミンEは血管を丈夫にし、血行が良くなるので、肩こりや冷え性の予防に効果的です。
血行を良くして代謝をよくする効果が期待できます。

整腸作用

3.『整腸作用』

アーモンドには食物繊維が豊富に含まれています。
食物繊維は肥満や生活習慣病を予防する効果も期待できます。

美肌効果

4.『美肌効果』

アンチエイジ効果
アーモンドに含まれるビタミンE は強い抗酸化力が期待でき、活性酸素の生成を防ぎます。
抗酸化作用はシミやシワなどの老化を防ぎ、加齢や紫外線などのダメージを軽減してくれます。

生活習慣病の予防

5.【生活習慣病の予防】

オレイン酸が豊富に含まれており、悪玉コレステロールを減らし、生活習慣病を予防する期待ができます。
動脈硬化を予防したり、糖の吸収を穏やかにしたりする効果があり、様々な病気の予防に役立ちます。

関連するブログ記事